被害を未然に防ぐ台風対策

touboku

台風や集中豪雨は、毎年お庭の木々に大きな影響を与えます。日ごろから台風対策を意識することで、被害を未然に防ぎ、最小限に抑えることができます。今から出来る準備をしっかり行い、庭木を守りましょう。

風の抵抗

台風などの強風の際には、枝葉が込み合っていると、風の抵抗を受けやすくなり枝が折れることもあります。庭木が倒れることもありますので、樹高を抑えるように剪定をして風通しをよくしましょう。お手入れすることで、リスクを減らすことができます。とくに気をつけたい木は、枝葉が込み合っていたり植えたばかりの庭木です。

kaze

支柱の設置

強風で枝や幹が激しく揺れると、幹本体や根にダメージを受け、倒れてしまうこともあるため、地面に支柱を立てましょう。支柱や紐はできるだけ太いものを準備し、しっかりと固定しましょう。数年支柱をつけっぱなしの場合は、紐が緩んでいることもあるため結び直しましょう。支柱を設置することで、庭木の根の生長を促すことも期待できます。

i20161017123647h3888[1]

鉢の飛散防止対策

鉢やガーデニンググッズは強風で飛ばされたり、倒れたりするため、室内に入れましょう。また室内に入れるのが難しい場合は、トレーなどの上にひとまとめにして低い位置に置き、大きい鉢で室内に入れることができない場合は、泥水に気をつけながら予め横に倒します。

shitunai

台風のあとは

お庭の様子を点検しましょう。枝が折れた場合は雑菌予防の処置をし、庭木が傾いた場合は起こして植えなおします。また倒木の場合は植えなおすことが難しいため、伐採する必要がありますが、作業はとても大変です。自分で作業できない場合は、ぜひご相談ください。
また、庭や道路に散らばった葉っぱや小枝などは早めに掃除しましょう。台風後は湿度が高く、害虫が発生しやいため、植物が病気になることに繋がります。

houki

根が浅い庭木

シンボルツリーで人気のコニファー類やオリーブは根が浅いため、強風で倒れやすく、傾きやすいためとくに気をつけましょう。雨や風が強くなってからの作業はとても危険です。早めに対策を立てて、行動をとることが大切ですね。

 

「植木屋革命」クイック・ガーデニングでも剪定や伐採を承っております。お気軽にご相談ください。

→サービス紹介はこちらからご覧いただけます

 ■ 剪定(せんてい)のサービス紹介はこちら

 ■ 伐採(ばっさい)のサービス紹介はこちら

 ■ 支柱のサービス紹介はこちら

無料見積り