なぜお手入れが必要なのか

  • HOME
  • なぜお手入れが必要なのか

なぜ庭木・植木のお手入れ(剪定)が必要なの?

「剪定(せんてい)」とは樹木の枝を切り、美しく樹形を整えたり風通しを良くしたりする作業のことです。
見た目を美しくするだけでなく、美しい花を咲かせるためや、養分を効率よく利用して長生きを促進する、果樹であれば立派な実を多く実らせるためにも重要です。
また、病害虫の繁殖を予防する効果や、新しい芽を吹かせることで、樹を若返らせる効果もあります。
「でも、樹種でハサミの入れ方が違うし、樹形もどうすれば良いのか…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【庭木のお手入れ:剪定・伐採はこちら】

なぜ除草が必要なの?

雑草が成長するのに必要なものは、「水、日光、土壌の栄養分」ですが、これは庭木や花も同様です。つまり、雑草が生えているとその周辺の庭木や花は、栄養を奪われているようなもの。単にうっとうしいから除草が必要なわけではないのです。ご存じの通り、雑草はどんな隙間からでもどんな悪条件の土地でも逞しく成長するし、大事な庭木にとって良いことは一つもありません。
「雑草がぼうぼうで自分じゃ手が付けられないし、ゴミ捨ても面倒…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【除草・草刈りはこちら】

なぜ庭木の消毒が必要なの?

一言で消毒といっても、その目的は大きく2つあります。「殺虫(虫を駆除するため)」と「殺菌(病原菌を退治するため)」です。
対象となる害虫や病気によって効果のある薬剤は異なります。誤った薬剤を使用すると、守るはずの庭木に害(薬害)が出る場合や効果がない(=虫が死なない)場合があります。
「この前まで元気に葉が茂っていた葉が急に落ち始めた」「変色した葉が目立つ」など、異常に気付いたら手遅れになる前に早めに対処しましょう。
「でも、もし使う薬剤を間違ったらどうしよう…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【庭木の消毒はこちら】

植栽って難しい?

近年、ホームセンターや園芸店ではシマトネリコやオリーブ、ハナミズキ、ブルーベリーやコニファー類等、洋風のお庭に似合う樹木が増えました。エクステリアのカタログや大手コーヒー店にはおしゃれな庭や植栽があり、我が家も!と夢が膨らみますね。
鉢植え・地植え問わず注意が必要なのは、気候に適した樹木を選び環境を整えることです。特に、日本に以前からある在来種ではない樹種の場合、十分検討した上で植栽するべきです。植物も生き物なので、植えて水やりさえすれば勝手に育つわけではありません。
「穴を掘って、土を用意して、肥料を用意して、支柱も立てて、自分でできるか不安…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【植栽はこちら】

芝のお手入れはどうすればいい?

ゴルフ場の芝生のような緑の芝は、手入れされた絨毯のように爽やかで清々しいものです。
しかし、こまめに手入れをしないとあちこちから雑草が生え、すぐに荒れ放題になってしまいます。「平日は仕事、週末はレジャーやお買い物、雨の日は無理、夏の炎天下では危険」これではお手入れの時間が全く取れません。かといって、「簡単でお手軽な除草剤を散布」というわけにはいきません。除草剤は薬剤なので、普通に使用する分には問題はありませんが、ペットや乳幼児が触れるとアレルギー反応がでる場合もあります。そのため、手間はかかりますが、定期的な草むしりや機械刈りが安心・安全です。
「でも膝が悪いし、自分にはできそうにない…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【芝張りはこちら】

お墓のお手入れはどうする?

今の自分から20代さかのぼると、何人のご先祖様が関わってくるでしょう。「両親の両親…」と計算していくと、その人数はなんと100万人にもなります。これだけ多くの人が関わっている中、たった一人で も欠けたら今の自分は存在しません。そう考えると、ご先祖様に対する尊敬と感謝の気持ちがわいてきます。
しかし、お盆やお彼岸はお墓参りに行きたくても遠くてなかなか行けなかったり、近年の少子高齢化と都市部への人口集中で、きちんとお手入れできているお墓が減少しています。
「近くなら、お墓の掃除やお線香と生花をお供えできるのに…」

そんな時はクイック・ガーデニング0120-094-919へ
【お墓のお手入れはこちら】
お問い合わせ・お見積り依頼フォーム
▲ ページの先頭へ戻る