• HOME
  • スペシャリストが語る庭⽊ストーリー:ベテランカットデザイナー

ベテランカットデザイナー

ベテランカットデザイナーとしての、こだわりを教えてください。
ベテランカットデザイナーとしての、こだわりを教えてください。
  • 行方さん ベテランといわれると、何だか気難しいイメージだね。そんなつもりはないけどなぁ。
  • 長谷川さん 照れてしまうね。確かに長くやってはいるけど…
    えっと、仕事のこだわりについてですが、それは「ない」が最も近いんじゃないかな。
  • 内田さん それは、そうかもしれない。
    私たちは、自分たちを職人だとは考えていないんですよ。「この仕事はサービス業である」というのが会社の方針ですし、私たちもそう思って仕事をしています。
  • 行方さん 私たちは植物が好きで働いていますが、一番嬉しいのは、お客様に喜んでもらえた瞬間なんです。
  • 長谷川さん だから仕事では、自分のこだわりを強く提案するのではなく、まずはお客様が何を求めているかを探り、実現することを大切にしています。強いていえば、その「お客様のために木を切る姿勢」がこだわりなのかもしれません。
では、お客様の「こうしたい」要望を叶えるためにやっていることは?
では、お客様の「こうしたい」要望を叶えるためにやっていることは?
  • 内田さん お客様からの依頼も、いろいろですからね。新興住宅のお庭、昔ながらの⽴派なお庭、マンションのエントランスなど、ニーズは様々。同じ「松の木を切りたい」という依頼でも、お客様の生活スタイルや植物に対する想いが違えば、やり方も結果も、まったく変わってきます。
  • 長谷川さん そうそう。例えば、「雑草も木も、全て切って駐車場にしたい」なら、大掛かりな処理が必要ですし、「きれいに伸びるようにしてほしい」という依頼があれば、その方が成長しやすい切り方があります。中には、まったく植物について知らないけれど、とにかく「庭を広く見せたい」場合もありますね。慣れていない方には、こちらから「こうしてみてはどうか」「こう切れば来年、実がつきやすくなりますよ」とご提案を行います。
  • 行方さん どんな場合でも、まずはお客様の意⾒を聞く。そしてお客様の分からない部分や不安なところを、サポートする。それが私たちの主なやり方です。
  • 長谷川さん あとは、見積りの際にお庭の様子や手入れの仕方を細かく観察し、お客様のこだわりや好みを見つけることでしょうか。
  • 行方さん 鉢植えの種類をそろえていれば、この人はこういう好みで、細かいところまでこだわりたい方なんだ…とかね。長くやってきた分、そういう目利きみたいなことは上手いと思います。
カットデザイナーとして働く上でのヤリガイとは?
  • 内田さん 木を切った後の、お客様の反応でしょうか。「こんなに日当たりの良い庭だったんだ」と改めて知ってもらえたり、「邪魔な木だと思っていたけれど、これからは好きになれそう」と思ってもらえることは、ヤリガイですね。
  • 行方さん 時々ですが「話しやすい方で良かった」という声もあります。そんな風にいわれるのも、やっぱり嬉しいなぁ。
  • 長谷川さん 何となくですが、植木屋に対して「とっつきにくそう」と感じている人は多いんですよね。若い方は特にそうかもしれません。でも決してそんなことはないんです。
  • 内田さん そう。緊張している人に出会う度、いつも「気楽に依頼していいのに」と思うんです。
    1本だけのカットや、庭の広さなどを理由に、私たちは仕事がイヤになったりしません。
    むしろ植物に詳しくない人にこそ、プロの手が必要だと思っています。
  • 行方さん もっと⾝近なサービスであることを、たくさんの⼈に伝えたいですね。
  • 長谷川さん ⻑いともう10年以上のお付き合いの⼈もいるんですよ。
    お⺟さんの代から始まり、娘さんが⼤きくなってからも、私に依頼をしてくれる⽅もいます。そういう⼈がもっと増えればいいなと、常々感じますね。
スペシャリストが語る庭⽊ストーリー
  • 代表インタビュー
  • 若手カットデザイナー
  • コールセンタースタッフ
▲ ページの先頭へ戻る