せいかつ緑化計画【聖なる夜を演出「クリスマスツリー向き樹種」】

eye_catch_re

森林浴におけるリラックス効果が知られているように、樹木の香りには血糖値の降下、脈拍の正常化、ストレス軽減などの効果があると言われています。

生活に樹木を取り入れて癒しの空間を作りませんか?今回はこれからの季節にぴったりな、クリスマスツリーとしても飾り付けられる庭木におすすめの樹種をご紹介します。

 

クリスマスツリーにもなる庭木

■モミノキ
クリスマスツリーといえばやはり「モミノキ」。

作業実績207713

クリスマスツリーの代表格であるモミノキは、マツ科の常緑針葉高木で、四季を通して美しい濃いグリーンが楽しめます。成長が早く、樹高も高くなりますが、庭に十分なスペースがない場合や、大きさを管理したいときには、鉢植えで育てることもできます。

モミノキは日当たりと風通しのよい場所を好みます。寒さには強いですが、暑さと乾燥には弱いので、直射日光が当たりすぎない場所に植え、夏場は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをします。新芽が出るころに肥料を与えて、枝葉が混みあわないよう定期的に剪定(せんてい)をしましょう。

 

■ゴールドクレスト
シンボルツリーとしても人気で、コニファーの代表格である「ゴールドクレスト」。

goldcre_re

ヒノキ科の針葉樹で、円錐形の樹形がクリスマスツリーとしてもおすすめです。

鉢植えはもちろん、耐寒性があるため庭植えでも育てることができます。日当たりのよい場所を好みますので、室内で育てるときは窓際など、できるだけ明るい場所に置くことをおすすめします。生育が旺盛で成長が早いため、定期的に剪定して樹高の管理をすることも大切です。植栽の適期は3月~4月、または9月~10月ころ。挿し木で増やすこともできます。

 

■ドイツトウヒ
モミノキとならんで、クリスマスツリーに使われる定番の樹種「ドイツトウヒ」。

doitsutouhi_re

ヨーロッパ原産のマツ科の常緑針葉高木で、「オウシュウトウヒ」ともよばれています。成長が早く、大木になるため植栽するスペースと剪定による管理は必須です。近年は、樹高があまり高くならないよう改良された園芸品種もあります。

この他、「ウラジロモミ」「トド松」「エゾ松」「カナダトウヒ」などもおすすめです。

飾り付けをしよう

今回取り上げたもの以外でも、円錐形に育つ針葉樹はクリスマスツリーに適した樹種といえるでしょう。お庭に針葉樹がないときは、クリスマス時期の冬季に緑の葉をつける常緑樹を飾り付けてもいいですね。
christmas_tree_re

飾り付けをきれいに見せるために、まずは基本となる樹形を整えておくことが大切です。また、枝葉が茂りすぎているとせっかく取り付けたオーナメントなどの飾りが枝葉に隠れてしまいますので、不要な枝葉は剪定しておきましょう。

飾りを取り付ける際には、重量のあるものは枝に負担がかかりますので、枝が耐えられる範囲のものにします。また、リボンなどは結びつけるときに、強く縛ってしまわないように気を付けることも大切です。

庭木をイルミネーションで飾り付けしたいというときには、生い茂った葉が光を遮ることがなく、取り付けしやすいことから落葉樹もおすすめです。

季節に合わせて樹木のある生活を楽しみましょう!

 

今回ご紹介した庭木(シンボルツリー)の植栽をはじめ、剪定など、庭木のお困りごとは、クイック・ガーデニングでもご相談承ります。お気軽にお問い合わせください。