インフォメーション

rss
  • HOME
  • インフォメーション
2016/01/22
「Wedge」2016年2月号に記事が掲載されました!
「Wedge」2016年2月号に記事が掲載されました!

弊社のカットデザイナー石沢昭一が、
『月刊Wedge(ウェッジ)』に紹介されました。

「Wedge」は月14万部発行するビジネス誌で、
書店・売店等で販売している他、
東海道・山陽新幹線の車内販売されている
ビジネスマンをターゲットとした総合情報誌です。

1月20日発行2月号の特集
“ 「下流老人」のウソ ” 24ページに掲載されています。

ぜひ一度ご覧ください。

→ 月刊「Wedge」 WEBサイト

2016/01/19
『雪』による“枝折れ”・“傾き”対策に!
  「雪」で枝が折れちゃった!木が傾いた!
そんな困ったに、クイック・ガーデニングが力になります。


■雪の重みで枝が折れた!

せっかくの枝ぶり・樹形が崩れるだけでなく、

折れた部分から細菌感染等を起こし、木が病気になっててしまう事があります。

そうなる前に、雪に備えて剪定をしておきましょう。

また、折れてしまって危険な枝もお任せ下さい。

安全な形状に剪定致します。


■雪の重みで木が傾いた!

そのままにしておくと、枝や幹の変形を起こしてしまいますし、倒木の恐れもあります。

倒木した際に付近の物を損傷してしまったり、道を塞いだり、

人をケガさせてしまわないとも限りません。

傾いてしまっている場合は・・

・植え直しが可能な場合、再植え付けにてご対応!

・残念ながら、根本から切る場合でも伐採作業にて対応いたします!

いずれの場合も、実際にお見積もりに伺った上で植え直しが可能かどうか、

どのような処理が適切かを判断・ご相談させて頂きます。




■予防してあげるのが一番

上記のような緊急事態に陥る前に、やはり予防してあげるのが一番です。

伸びすぎている枝は雪が降る前に剪定しておきましょう。

また、透かし剪定(枝数を減らし、庭木全体の日当りや風通しを良くする剪定)

を行う事で、雪が降り積もる面積を小さくしておく事も有効です。

その他に、寒冷地域で多く見られる「雪囲い:ゆきがこい」

(庭木を雪の重みや枝折れ、寒さから守るためのもので、

 縄で枝葉を縛る・ムロやシートで巻くなど植木に合わせた手法は様々)

をすることで樹木を雪や霜から守ることもできます。

寒冷地ではスタンダードな冬支度を、

大切なシンボルツリーを守る為にいかがでしょうか?


お気軽にご相談下さい(^^)


☆お見積り・お問い合わせはこちらから! 


☆リピーター様専用お申込みフォーム
2015/12/29
【123キャンペーン】終了のご案内
【123キャンペーン】終了のご案内

2015年10月より、ホームページ、おハガキ等によりご案内させて頂きました
『123キャンペーン』につきまして、
大変ご好評につき定員数に達しました為、本日(2015年12月29日)を持ちまして締切とさせて頂きます。
多数のお問い合わせ・ご依頼を頂きありがとうございました。

何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
2015/12/25
【年末年始】休業日について
年末年始の休業日は、下記の通りです。

●年末年始休業日:12/30(水)~1/3(日)

※電話受付:12/29(火)18:00まで。年明けは、1/4(月)9:00より受付開始致します。

※FAX、メールは休業期間中も24時間受け付けております。
 休業期間中にご連絡いただきましたお客様には、1/4(月)以降順次ご連絡をさせていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願い申し上げます。
2015/12/10
樹木にやさしい『冬剪定』☆受付中☆
樹木にやさしい『冬剪定』  
~落葉樹の剪定は12月~3月がおすすめです!~

■『冬剪定』が樹木に“やさしい”わけ■

冬は葉が落ちてスッキリしているから手入れの必要はないかな、と思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし樹木によって手入れに適した時期は異なりますので、勿論冬こそお手入れに向いている樹木もございます!

紅葉(モミジ)や柿などに代表される「落葉樹」は、冬場が最もお手入れに適しているんです。

冬場のお手入れ(剪定=せんてい)が植木にやさしい理由は

12月から翌年の3月にかけての寒い季節になると、木は葉を落とすことで休眠状態になります。

この時期は樹液が活動を休んでいるため、樹木に深くダメージを与えることなく剪定をすることができるのです。

言ってみれば『樹木の冬眠中』ということで、

寝ている間にそおっと、チョキチョキすれば、痛くない、ダメージが少ない・・・

例えるなら、赤ちゃんの寝ている間に爪を切るようなものですね。


■お客様にも嬉しいポイント■


冬場の剪定は、既に葉が落ちているため、切る際に枝振りが分かりやすく

形を整えやすいというメリットがあります。

さらに、既に枝から葉が落ちていますので、ごみの量が減り

作業で出たごみのお引き取り代金が安く済む場合もあるのです!


■『落葉樹』ってどんな木?■
 
『落葉樹』とは簡単に言うと、冬になると葉が落ちて幹と枝だけになる木です。

読んで字の如しですね!

実は身近にある街路樹や庭木として人気の木の多くが『落葉樹』に当てはまります◎

具体的にはどんな樹木があるのか、またその特徴を少しご案内いたします♪

◆柿(カキ)
同じ枝には2年続けては実がなりにくいので、前秋に実がなった枝は剪定の対象となります。
剪定の適期は1~3月です。

◆梅(ウメ)
花期は1~3月頃です。葉に先だって開花します。剪定は1月~5月頃まで可能です。

◆紅葉(モミジ)
モミジ・カエデ類はよく茂るので、基本的には重なる枝・中に生える枝を落として
風通しを良く、中まで日の光が届くようにします。
剪定の適期は11~1月です。

◆花水木(ハナミズキ)
日が差さないと枝がすぐに枯れてしまいがち。
出来るだけ日当りを良くするように枝を剪定します。
剪定の適期は1~3月です。

◆百日紅(サルスベリ)
樹形を整えるだけでなく、翌年の花付きをよくするためにも剪定が効果的です。
その年に伸びた枝(本年枝)を短く切り戻すことが、基本となります。
剪定の適期は1~3月です。

以上は一例ですが、どの木も庭木として身近な木ですね。

お手入れをご検討の方は、ぜひ今の時期をお勧めします!!

その他、お問い合わせのみでもお気軽にご連絡ください(^^)v


☆お見積り・お問い合わせはこちらから! 


☆リピーター様専用お申込みフォーム
2015/11/03
秋は剪定のベストシーズン!ご予約受付中です!
秋は剪定のベストシーズン!ご予約受付中です!

10月に入り、気候もすっかり涼しくなった今日この頃。
秋と言えば、スポーツ、読書、美味しいもの・・・など色々とありますが
是非ご紹介したいのは“剪定(せんてい)の秋”です!

なぜ秋に剪定なのか?
秋に剪定をおすすめしたい理由は、主に3つあります↓↓

理由その①
ご家庭の庭木として植えられているものの多くは秋期の剪定に適した樹種なのです!
→弊社で「お客様から作業のご依頼が多い庭木TOP10」に入る木もこの時期の剪定に
 適しているものが殆どなのです!
 具体的には・・・
 金木犀(キンモクセイ)、梅(ウメ)、紅葉(モミジ)、椿(ツバキ)、花水木(ハナミズキ)、
 生垣としても多用されるカイヅカイブキなどのコニファー類、柘植(ツゲ)など
 どれも街中や住宅街で良く見かける木ですね!

理由その②
実りの秋・・・その後は剪定!
→実のなる植物の剪定は、基本的に実が落ちてから行います。
 実りの秋、実が落ちた後の正しいタイミングで剪定することが植物にとっても大切なのです。
 柿の木やオリーブなどもこの時期にご依頼が多い樹種です。

理由その③
落ち葉掃除がラクラク!
→落葉する前に剪定し、枝葉の量をスッキリさせることで落ち葉の量が減ります。
 落ち葉は散らばるだけでなく、雨どいや側溝を詰まらせることもありますので厄介です。
 特に雨どいなどはなかなか気付かない上、高い位置にありますのでお掃除も大変ですよね。
 事前に植木の剪定を行っておくことでしっかり対策しましょう◎


→庭木のお手入れ(剪定)のページはこちら

→【無料お見積り・お問い合わせフォーム】

 
2015/11/02
【ネットワーク障害復旧のお知らせ】
本日12:40頃よりネットワーク障害で、
弊社にお電話がつながらない状態でしたが、
13:35頃復旧いたしました。
皆様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。
2015/11/02
【ネットワーク障害のお知らせ】
本日12:40分頃より、弊社のネットワーク障害により、
お電話が繋がらない状態でございます。
復旧対応しておりますので、今しばらくお待ちください。
ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
2015/10/01
スマイル本田と提携開始しました!
住宅リフォーム・増改築工事を取り扱う【スマイル本田】と取引開始しました!

【スマイル本田】
社名:株式会社スマイル本田
本社所在地:〒300-0843
      茨城県土浦市中村南4-11-12
受付店舗:全12店舗 
  茨城県3店舗:荒川沖、守谷、ニューポートひたちなか
  千葉県4店舗:富里、千葉ニュータウン、八千代、市原
  群馬県2店舗:新田、八千代
  栃木県1店舗:宇都宮
  埼玉県1店舗:幸手
  東京都1店舗:瑞穂
2015/09/04
メルマガ第13弾配信しました!
Vol.13
◇◇◆◇◇QG通信◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇◇◇◆◇◇
『植木屋革命』クイック・ガーデニングです!
----------------------------------------
◇ご挨拶
◆ご案内 ~備えあれば憂いなし~
◇編集後記
----------------------------------------
【ご挨拶】

皆様こんにちは(^^)/~
あっという間に夏休みが終わり、9月に入りました♪

今年は、夏の高校野球の終わりとともに急激に涼しくなったことも
あって、秋の訪れがとても早いように感じますよね。
先週あたりから我が家の周りで落ち葉を見かけるようになったので、
余計にそう思わせているのかもしれませんが。

夏が過ぎると、なんとなく心にぽっかりと穴があいたような気分に
なるのは私だけでしょうか(p_-)

とはいえ、暑さが一段落した秋は過ごしやすく、
「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」など「○○の秋」と言われるように、
活力が湧き出て何かに挑戦するにはもってこいの季節ですよね!!
私は秋が一年で最も好きな季節です(*^^)v

ですが、台風という暴れん坊も元気に動き回る時期でもあります。

気象庁の統計によると1981年から2010年の30年平均で、
9月の台風発生数は4.8で、8月の5.9に次いで二番目に多い数値となっています。
そのうち上陸した数(台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸線に達した場合)
は0.8だそうで、これも8月の0.9に次ぐ数値。

「なぁんだ、上陸するのは1つくらいじゃないか」と思いがちですが、
上陸はせずとも強風や大雨の影響は少なからず受けてしまいます((+_+))

お庭の大切な木が倒れたり、枝が折れたり…。
お庭、玄関や駐車場、道路が落ち葉だらけになっていたり…。

といったご経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
備えあれば憂いなし、です!

------------------------------------------------------------------

【ご案内】~備えあれば憂いなし~

夏の間にお庭の木の枝葉がすくすく成長していないでしょうか。
枝葉が多くなると、風を受ける面積が大きくなりますので、
ひとたび風が吹くと枝を激しくしならせたりします。
その結果、枝を折ったり、葉をまき散らしたり(+o+)

そうなる前に、枝葉をすっきりさせておくのはいかがでしょうか。
すっきりさせることで風の影響を減らせるので、
枝を折れにくくする効果が期待できます!
すっきりさせた分、葉の量が減りますので落ち葉も少なくなります。
台風が過ぎた後の落ち葉の片づけが楽になりますよ(笑)。

見積もりは無料です(^^)/
豊富なメニューでお困りごとにお応えいたします★☆

詳しくはこちらをご参照ください。
PCサイト
→料金表ページ

スマホサイト
→トップページ
よろしかったら覗いてみてください!(*^_^*)

▽▼▽▼秋のお彼岸▽▼▽▼「お墓のお手入れ」承ります▽▼▽▼
お忙しい方・お墓が遠方でなかなか行くことが出来ないという方、
お客様に代わって心を込めてお手入れさせていただきます。

*詳しくはコチラ*
PCサイト
→お墓のお手入れについて

スマホサイト
→お墓のお手入れについて
-------------------------------------------------------------------

【編集後記】

私は甲子園が終わると体内の年間カレンダーが夏から秋に切り替わります(^^♪
高校球児だったから?なのかどうかはわかりませんが。(笑)
真っ黒に日焼けして白球を追いかけていた当時がとても懐かしいです。
熱中症ではなくて「日射病」が一般的に使われていて、
季節ごとにその特徴が正しく味わえた時代です。

近年は地球温暖化の影響なのか、異常な暑さ、局所的な集中豪雨、
落雷や突風・竜巻などなど、自然の怖さを間近に受けることが
確実に増えている気がします。(それも経験したことがない規模での)

「暑さ寒さも彼岸まで」とあるように、残暑がちゃんとあって、
そこからだんだんと涼しくなっていって欲しいものです。

朝晩が冷え込むようになってまいりますので、寒暖差に油断せず、
9月も健康で快適にお過ごしください。
暑いからといってお腹をだして寝冷えなどなさいませんように(-_-)b(笑)

今月は、営業部の菅原が担当致しました!
お付き合いいただきまして、ありがとうございました♪
次回もお楽しみに~(^_-)-☆
▲ ページの先頭へ戻る